FC2ブログ

電動ファン(アディショナルファン、オグジュアリファン)の点検

 



5月ともなるとクーラーを入れる季節ですよね~

クーラーを入れるとどうしても気になるのが水温。



先日入れ替えたラジエーターの水温が上がり気味

このままでは精神衛生上 大変良くないので

電動ファン(アディショナルファン、オグジュアリファン)の点検です。



  AUXILIARY FAN


  FUSE RELAY BOX




FAN回路のFUSE5、K17(フューズボックス内Eのリレー)、K9(同Cの)リレー、K10(同Dリレー)

はフューズボックス内にあるので確認、予備パーツとの点検が簡単に行える。




P1310398-137.jpg





R15 レジスターはコレ。



P1310400-137.jpg






B10/8の温度センサーは、2ピンのセンサーです。

N22はクライメートエアコンのスイッチとなります。




S32はレシーバータンクに付いている赤色の圧力センサーです。



P1310401-137.jpg





M4m1とM4m2は、電動ファンです。




P1310402-137.jpg





W126の電動ファンは低速・高速の2段階で制御されていることをご存知の方は多いと思いますが

それがどのように制御されているかを検証します。



まずは回路図から見てゆくと

K10リレーが低速ファンの回路

K9リレーが高速ファンの回路であることが判ります。



低速ファンの始動は圧力センサーにのみ依存し

高速ファンは、水温センサーのみに依存していることが見て取れます。




エンジンを始動して

A/C最低温度・最大風量にセットして

水温の上昇を待つことに





P1310411-137.jpg




今日の気温は25℃

水温が90度を越える頃には冷媒のガス圧は20barを超えて入るはずだろうが

低速回転する気配も無いまま

水温計が115℃を指す頃、轟音とともに電動ファンは高速運転し始めた。





P1310408-137.jpg





コンプレッサーが作動したまま圧力センサーの抵抗値を測ってみると

10MΩ 回路が閉じていない。





P1310403-137.jpg





予備の圧力センサーと比べても・・・





P1310405-137.jpg





圧力センサーの交換か~~~

このセンサーを抜くと、冷媒がドバッッッ~~~~




冷媒を抜くのはイヤなので (^^

圧力センサーのバイパス回路を作り

イグニッションONで低速回転させることに



この圧力センサーは、2・3年前に交換したばかりなのに・・・




いっそ水温90度ぐらいで低速始動するように改造してしまおうか (^^

スポンサーサイト



テーマ : メルセデス ベンツ
ジャンル : 車・バイク

プロフィール

takeoff

Author:takeoff
私の愛車 メルセデス ベンツ W126 500SEのトラブル対策奮闘記であります。いかんせん1990年式という古いクルマです。オーナーは更に30年近い旧式人間でが・・・  何が起きてもおかしくない! そんな現実のレポートです。

下の≪全ての記事を表示する ≫をクリックして頂ければ、過去の記事の一覧が表示されます。

最近の記事
検索フォーム
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

過去ログ
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード