FC2ブログ

300SEから 500SEへ No,4




普通の使われているクルマでもこのぐらいの汚れはあります。

凹んだ所にはどうしてもホコリが溜まり

パーツとパーツのつなぎ目にも、ホコリは溜まる。



P1090516-95.jpg




中古車販売店が行う室内清掃はこの程度!



P1090517-95.jpg



スイッチの廻りはホコリだらけ

そして、スイッチそのものは手垢だらけ


人が触れるところは必ず汚れています。



P1090518-95.jpg

P1090519-95.jpg



シフトレバーのブーツにも汚れが溜まっています。

ココはエアーブローして



P1090526-95.jpg



エアコンのルーバーも汚れ放題。



P1090527-95.jpg



サイドミラーの調整用のスイッチはホコリが溜まりやすい構造。



P1090528-95.jpg



リアウィンドには、色褪せたフィルムが・・・

今時流行らない。。。



P1090533-95.jpg



ホットガンで暖めてから、ゆっくりと剥がせばのり残りは最小限に抑えられる。



それでも糊の層が残ることがあります。

そんな時には、スクレパーで!



W126のリアガラスの熱線は合わせガラスの中にあるので

恐れずスクレパーが使えます!!  (熱線をきる心配が無いから)




P1090541-95.jpg



これがプロ用のスクレパー

カミソリの刃が使われています。



P1090543-95.jpg



ネット付きスポンジでガラスを1枚ずつ擦り

汚れを全て取り去れば

クリアーな視界が得られます。


最後の仕上げはG-5

拭き跡が残らないスグレモノ!!



P1090545-95.jpg



ベロアシートは凄くホコリを吸着しやすい。

徹底したブッラシングが必要です。



仕上げはエチケットブラシで!!

(最近、エチケットブラシを置いていない紳士服売り場が多い!!  使わないの???)



P1090574-95.jpg




フロアも丁寧にブラシングで

毛の間に入り込んだホコリや砂を掻き出して




P1090566-95.jpg



車内にホコリが舞わないようになってから

中性洗剤を30倍以上に薄めたものをスプレーしながら

プラスティック類の汚れを取ります。




柔らかめの洗濯ブラシでブラシッング

シボの方向を考えて、ブラシング方向を変えながら・・・



P1090793-95.jpg




洗濯ブラシが入らないところは

こんなブラシで!



隅々までブラッシング!!



P1090795-95.jpg



キレイなタオルで拭いてみますと



P1090796-95.jpg




ギャ~~~~~  汚い!!



P1090797-95.jpg



人の触れると事は手垢が付いているので


P1090800-95.jpg



嘘じゃないですよ!



試しにハンドルを拭くと

ワァ~~~~~ 汚い!!



これが真実。


あなたのクルマ大丈夫?


P1090805-95.jpg



掃除中に珍しいものが出てくることも少なくは無いのですが

在っても当然ですが、久々にカセットテープを発見!!



今の子供達、これが何か判るかな?


P1090790-95.jpg




昨年、この記事のもあるブログの拍手のなかでご質問いただけ折りましたこと

通常のファブリック生地の洗浄はどんな洗剤を使うのか?



答えはこれです!!

   家庭用液体洗剤と漂白剤

車用に販売されている業務用の洗剤の数倍の洗浄力がある。



しかも、安全です!!



しかも、残り香が嫌いと言う方もほとんど居ない!!

(洗濯後の匂いが嫌いという方は少ないでしょ~)



車内の汚れは

   土・砂   皮脂   食べこぼし


まるで子供の体操服と同じですからね!




さて、どのようにして使うかですが、

液体洗剤と漂白剤をスプレーボトルで30~50倍程度まで水で希釈

たったそれだけです。


※漂白剤は、色&柄物もOKのやつを使いってね!  色抜けしても保障しませんよ~

※シルクウールや革には使えません。


P1090812-95.jpg


これを直接シートに吹き付けると

汚れ落ちにムラが出来る!!



まずは、水だけを軽くスプレーしてブラッシング

そして全体に先ほど作った洗剤をスプレーして

よくよくブラッシング!!



濃い洗剤を使っても汚れが落ちるというものではありません。

ご自身が手を洗うときと同じ。

指紋に入り込んだ汚れはブラッシングしかないのと同じ。



P1090816-95.jpg



リンサーで水を吹きながら、汚れとともに吸い取ると

バッチイ水が・・・



これを2・3度繰り返し、乾燥させると

さっぱりとした風合いに仕上がります。


P1090819-95.jpg




ご自身のベロアシートと見比べて!



P1090817-95.jpg



天上から足元まで

完全クリーニングを施した車内



P1100284-95.jpg



キズは取れないが

汚れをさっぱり落せば

型落ちの新車に近づいたかな?



P1100289-95.jpg



前オーナーさんの使用感を拭い去ることが

本当のルームクリーニング。



ガソリンスタンドのルームクリーニングは

ただの掃除機掛け。



P1100290-95.jpg



どんなに調子の良いエンジンと足廻りであっても

汚れている車内では

気持ちの良いドライブを楽しむなど不可能だと思う。




車は、走ってナンボの道具だけど

スーツと同じで、クリーニング後の折り目正しい状態でこそ恥ずかしくない道具となり得る。



全てはバランス感覚。

















FC2 Blog Ranking



led.gif




maillogo.gif




led.gif





moris-read2.gif
















本物のみがき と ポリマー加工 車内清掃
banner10.gif





関連記事
スポンサーサイト



テーマ : メルセデス ベンツ
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

takeoff

Author:takeoff
私の愛車 メルセデス ベンツ W126 500SEのトラブル対策奮闘記であります。いかんせん1990年式という古いクルマです。オーナーは更に30年近い旧式人間でが・・・  何が起きてもおかしくない! そんな現実のレポートです。

下の≪全ての記事を表示する ≫をクリックして頂ければ、過去の記事の一覧が表示されます。

最近の記事
検索フォーム
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

過去ログ
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード