FC2ブログ

オーディオ交換時の注意




 

今回は私の本業である「みがき屋」のお話ですが

『クルマのみがき屋なんでも日記』にご紹介するよりもコチラの方が適切かと (^^



今回560SECの純正ベッカーのオーディオーユニットを社外品に交換すると言ういたって簡単な作業ですが

いくつか押えておくべき事がありますのでこの場にてご紹介させて頂くことにしました。




P1300829-138.jpg







まずはオーディオへのアクセスですが

灰皿を取り外すと、プラスネジ二本で灰皿ユニットが固定されていますので

2本のネジを取り外します。



P1300832-138.jpg







灰皿は、その下の小物入れと干渉していますがそのまま手前に引き出します。

照明とシガーライターのソケットを抜き取ります。



P1300833-138.jpg







純正オーディオは、左右にあるこの爪を下に引き降ろすことで抜き出すことが出来ます。



P1300834-138.jpg







オーディオの角はウッドパネルを傷つける可能性が高いので

周囲をタオルなどで覆った上での作業をお勧めします。




P1300835-138.jpg






あとはオーディオの配線を抜き取ります。



P1300836-138.jpg








W126のオーディオのヘッドユニットには大半がベッカー製

一部にテクニクス製のものがありますが

そのテクニクスでも89年式までのクルマではフェダースイッチが、右フロントのパワーウィンドスィッチの脇に付いています。

これがクセモノなのです。

純正では左右2チャンネルのスピカー構造の途中にフェダー調整を組み込んで4チャンネルとしてます。

このまま社外オーディオを組み込むと、その本来の性能を引き出せない事となります。

※最下のRADIO配線をご覧下さい。







そこで、新たにスピカーケーブルを引き直すことが最も良い音質を得るための手法となると考えます。

このスピーカーケーブルは最低10mは必要となります。




P1300840-138.jpg






今回は純正スピーカーのまま配線のみ引き直しとなりましたので

今後スピカーのシステムアップに伴う配線の余裕を見越して敷設しました。

あわせて現在あるのものへの変更を最小に抑えるため純正スピーカーコードのコネクターは生かした状態となります。

フロントスピーカーの配線の引き直しは運転席側ではアンダーカバーの取り外し

助手席側ではグローブボックスの取り外しさえ出来れば然程難しいものではないはずです。




P1300845-138.jpg








リアスピカーのコネクターは、左右の化粧パネルを外せば楽にアクセス出来ます。



P1300837-138.jpg





配線はセンターコンソールを浮かせればその下を通し

カーペット(マットの下ではありません)の下を通してリアシートのセンター部分に通します。



P1300841-138.jpg






そこから左右に別れそれぞれのスピーカーへと伸ばしてゆきます。

リアのバルクの上にはサービスホールがありますので

そこを介してトランクルームに導き、リアスピーカーと結線することなります。



P1300843-138.jpg




さて、これが社外オーディオのコネクターとの結線状態ですが

国産車になれた方ならば???  でしょうね~

接続用ハーネスなんて言う洒落た便利なものは御座いませんので純正コネクターを切って端子を打つしかないのです。

ココまで説明しておきながらコネクターの配線内容を教えないのはあまりにも不親切でしょうから  (^^


  
  4ピンコネクター
   
    茶   アース
   黒/灰  ACC
   灰/紫  イルミネーション
   赤/白  常電


  平型端子(250ファストン、タブオン端子と言われる接続子)がアンテナリモート

  5ピンコネクターの 緑/黒 が 車速パルス
  

ちなみに二つある2ピンコネクターの 緑/黒 が右  赤/黒 が左です。

これを読んで接続が判らない方はお近くのプロに依頼すべきです。(何を言わんかをご理解下さい!)




P1300847-138.jpg






純正固定用の爪を取り外して



P1300850-138.jpg




社外オーディオのインストールです。



P1300848-138.jpg






固定用の枠を入れて



P1300851-138.jpg



これで動作チェックです。

ウッッ~~~

左リアスピーカーから音が出ない~~~~~!!

何故?  ミスった?
 
試しに予備のスピーカーを繋ぐと ばっちり音が出る!




P1300861-138.jpg






オーナーさんに電話を入れて対処方法を決めなければならない

そこでつい口を滑らせて 『私の予備の純正が1SET在りますので』

シマッタ!!  と思った時には遅かった・・・

一度口にしたことは男として覆すことは出来ないのでリア用スピーカーを売ることに。。。




カバーを恐る恐る取り外し (もちろんヒーターで温めて)

凄いキレイ!


P1300862-138.jpg





スピーカーの状態も良いが、音が出なければただのゴミ。



P1300863-138.jpg




秘蔵のスピーカーを接続するとキチンと音は出ます (^^


P1300864-138.jpg




本当ならば、入れ替えたオーディオとスピーカーのインピーダンスを合わせれば

さらに音質は良くなることは確かです。




本当に音を求めるならば当店ではどうにもなりませんが

入れ替えならば可能です。




しかし、W126 外部音が車内入り

エンジンノイズが車内入るクルマですから

求めるべき領域は・・・  と考えます。




   RADIO配線
















 















スポンサーサイト



テーマ : メルセデス ベンツ
ジャンル : 車・バイク

プロフィール

takeoff

Author:takeoff
私の愛車 メルセデス ベンツ W126 500SEのトラブル対策奮闘記であります。いかんせん1990年式という古いクルマです。オーナーは更に30年近い旧式人間でが・・・  何が起きてもおかしくない! そんな現実のレポートです。

下の≪全ての記事を表示する ≫をクリックして頂ければ、過去の記事の一覧が表示されます。

最近の記事
検索フォーム
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

過去ログ
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード