FC2ブログ

ファンカップリング交換 お手伝い編

 


友人から頼まれていたファンカップリングがようやく手に入り交換です。




まず、このファンカップリングとはどんな役目をしているのか?

クーリングファンを回転させるあたり

ラジエーターからの熱を感知させ

低音ではフリーで水音上昇に一役買って

一定温度になるとロックアップして風を送り

ラジエーターへの送風(現実には吸い込み)を行う。


ただし、温度上昇後は一定速度(正確にはエンジン回転数)により

ロックアップは解かれ、車速による風圧を使うようになります。




今回の湯人の車両の場合、ロックアップが不完全で

半フリー状態となり水温が下がらない。。。



決してオーバーヒート気味ではないが

もう少し下がっていても良いと思える水温まで上昇するため

今回の交換となりました。



ちなみにですが、このファンカップリング 定価で10万700円でっせ=====!!

中古を探していた理由 お判りいただけますでしょ (^^/


P1200989-148.jpg


ファンとカップリングは10mm4本で止められていますが

ボルトを抜いてもカップリングはおいそれとは抜けません!!


長年使われ続けているのでガッツリ噛み付いていますので

マイナスドライバーをちょうど良いポイントにあてがい

ハンマーで軽くコンコン!

コンコン!

コツンコツン!

ガンッ!!

で抜けます (^^)


P1200993-148.jpg


カップリングも10mm4本で止められているのですが

下側の1本は緩めるだけ

プーリーの先端の出っ張りをパス出来る分だけ緩めるのです。


P1200994-148.jpg


4本のボルトをキッチリと締め付け


P1210002-148.jpg


さて、結果は如何に・・・?

報告待ちです (^^




 

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : メルセデスベンツ
ジャンル : 車・バイク

プロフィール

takeoff

Author:takeoff
私の愛車 メルセデス ベンツ W126 500SEのトラブル対策奮闘記であります。いかんせん1990年式という古いクルマです。オーナーは更に30年近い旧式人間でが・・・  何が起きてもおかしくない! そんな現実のレポートです。

下の≪全ての記事を表示する ≫をクリックして頂ければ、過去の記事の一覧が表示されます。

最近の記事
検索フォーム
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

過去ログ
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード