FC2ブログ

ブーツ切れ


左タイロッドのブーツが切れているのがはっきりと見て取れます。

このお車は私本職の関係でお付き合いをさせていただいるお客様で

昨年、車検時にはナントも無かったのですが

1年を経てフロント足回りから異音が・・・

リフトアップしてみると、この通りです。


P1010352-157.jpg


右側は見た目はなんとも無いが

クランプしてタイロッドエンドを揺すってみるとガタが生じていました。


ブーツ切れは車検不合格となりますが

今回程度のガタならば通過します。


P1010353-157.jpg


コントロールアーム(アッパーアーム)のジョイントからもグリスが・・・


P1010354-157.jpg


今回はコントロールアームそのものを交換しました。

アームのベアリング(ゴム部分)全てを交換して

ブーツのみを交換すると言う手法も取れるのですが

これまで交換歴がなさそうなので

思い切ってアームごとの交換です。


P1010877-157.jpg


取り外しの際にセパレーターを掛けているのでブーツは押されています。

問題はジョイント部分の痩せ方です。

痩せてガタが出ていると、異音・遊びの原因となります。


P1010878-157.jpg


タイロッドも交換。

タイロッドの場合、ブーツだけを交換、タイロッドエンドだけの交換、今回のようにタイロッドごとの交換

3つの選択肢があります。



コチラも交換歴不明なためタイロッドごと交換です。

一時的に費用を抑えてブーツだけの交換としても良いのですが

後々のことを考えてのご提案となりました。


後々って?

そう!何で後々の事を考えるのか・・・

ここは車検たびに検査されるサイドスリップの調整をする箇所となります。


タイロッドの長さを伸ばしたり・縮めたりしてサイドスリップの調整が行われるので

固着してタイロッド長が変化しなかったら・・・・・

再度交換となり、整備費がかさむ事となるからです。


P1010881-157.jpg


やはり見た目もキレイ!!


P1010883-157.jpg


今回の作業も (株)アトミック さんのお世話になりました!!




関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 修理
ジャンル : 車・バイク

プロフィール

takeoff

Author:takeoff
私の愛車 メルセデス ベンツ W126 500SEのトラブル対策奮闘記であります。いかんせん1990年式という古いクルマです。オーナーは更に30年近い旧式人間でが・・・  何が起きてもおかしくない! そんな現実のレポートです。

下の≪全ての記事を表示する ≫をクリックして頂ければ、過去の記事の一覧が表示されます。

最近の記事
検索フォーム
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

過去ログ
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード