FC2ブログ

ステアリングリンケージ交換!!

 


今回はステアリングリンケージの交換です。

・タイロッド左右

・センターロッド(ドラックリンク)

・ステアリングダンパー

・アイドラーアームブッシュ

この5点を交換します。


EPCに在るようにタイロッドは1本そのまま交換する方法もあります。

がしかし、ボールジョイントのみ交換、もっと節約すればブーツ(スリーブ)のみの交換という手法もあります。




今回は、タイロッドを2本とも丸ごと交換です。

ブーツも破れていませんが、上下方向に少しだがガタが出ているからです。



ブーツが破れていなければ車検は合格しますが

本当のW126のステアリングの味を求めると・・・ (^^



1のコピー



これが新品の交換部品です。


P1070178-181.jpg


馬を掛けて

いざ!!


P1070183-181.jpg


セパレータを噛ませて

締めこんでゆくと

バッキン~~~~~!!


何度やってもビビリます。


P1070187-181.jpg


やっぱ新品はええ感じ!!


P1070189-181.jpg


畳と○○さんは新しい方がイイとは昔から言いますが

足回りのボールジョイントを使っているパーツは絶対新しい方がいい!



P1070190-181.jpg


手で押しても上下のグラグラ感はありませんが

左右に倒すとクラックラッです。



この遊びが積もり積もるとシックリとこないハンドリングになる。


P1070191-181.jpg


アイドラーアームブッシュ

余り好きくない作業です (^^



ヘタリきっていると直ぐに古いブッシュが抜けるのですが

余りへたっていない時は・・・

私 この作業に梃子摺るのです。



ハンマーの使い方が下手なのかな~~~?



P1070196-181.jpg


よって、アイドラアームブッシュの写真が無い。

そう!! 余裕が無いから、写真が撮れない!!!



ってな訳で、交換終了!!


P1070198-181.jpg


取り外されたパーツたちです。


P1070199-181.jpg



この日は、入庫していたSLの内装クリーニングの最終乾燥のため

少し早出してSLのエアコンを掛けておいて

その間にこのリンケージ類の交換作業を行ったのですが・・・



この日の午後 東北太平洋沖地震に合うことになったのです。



420SELの下敷きにならなくて良かった~~~!!

そんな事になっていたら、しゃれにもなりませんわ!






でも、あの激しい揺れの最中 何をしていましたか?


P1070166-181.jpg


私はSL君の立てかけていたハードトップを必死で押さえていました。

頼むからボディーに当たるようなことが無いようにと・・・





そんな時、義弟はどんな思いで過ごしていたのだろうか

いまだ音信不通で、所在確認が取れない。


是非、コチラもご覧ください。

そして、お心当たりがあれば、また、岩手県宮古市の避難者名簿・リストが掲載されているサイトがあればお教えください。

お願い申し上げます。



      クリック
       ↓↓

   義弟 鈴木勇一 の安否確認が取れません。
 
人は無力です。

知恵とお力をお貸しください。



3月14日追記 12日の夜に雄一本人から電話があり無事を確認できました。

 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 地味にコツコツやってます
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

takeoff

Author:takeoff
私の愛車 メルセデス ベンツ W126 500SEのトラブル対策奮闘記であります。いかんせん1990年式という古いクルマです。オーナーは更に30年近い旧式人間でが・・・  何が起きてもおかしくない! そんな現実のレポートです。

下の≪全ての記事を表示する ≫をクリックして頂ければ、過去の記事の一覧が表示されます。

最近の記事
検索フォーム
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

過去ログ
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード