FC2ブログ

アクセルペダルの在る幸せ

 

アクセルペダルが届きました!!

  4-leaves さんに頼んでいた品です。

定価は2300円ほどです (^^)



DSC03303-227.jpg


シャフトに繋ぐ穴は楕円です。


DSC03304-227.jpg



シャフトの先端に突起があるので

楕円の長辺をそこに入れます。


DSC03310-227.jpg



この時点では、ペダルは裏向けとなり

奥まで差込んで 180度ひねります。


DSC03311-227.jpg



使い込まれていたペダルと違い

樹脂が硬いから ペダルは反ってしまう。。。



DSC03312-227.jpg



ペダル下側の噛み合わせを入れて


DSC03314-227.jpg



クリップを入れて 完成 (^^/


DSC03315-227.jpg



新品のペダルのふみ心地は最高!!

シャフトを踏んでいた時とは違い

先に行った調整の良し悪しが良く判る。




ペダルを交換しただけで

アクセルのフィーリングがココまで変わるのかと実感させられながら

帰宅の道で 愛車のエンジンフィールを楽しむ。




実は、アクセルリンケージの調整で書かなかったことは幾つかあります。

そのひとつは、スロットルバルブがアクセルOFFの時に

無用なテンションが掛かり

アイドリング時の不安定な回転を招いている事です。

本来アクセルOFFの時に

完全に閉まっているはずのスロットルが完全に閉まっていない可能性がある。

起点であるはずのスロットルバルブがズレていると

その後の調整は、全てまやかしとなる。

エンジン調整の起点は、スロットルバルブから始めるべきと考える。

理屈を捏ねるメカニックは多いが

本当に調整されたクルマに出会わなかった理由は???

この調整の真実を知るには、自分の手で調整してみないと理解できないことかも知れない。





しかし、いつも在って当然だと思っているもの (ペダル)

それが無くなると如何に不便かを知らされました。





人は愚かな生き物だから 無くしてからその有難さを知る。







 
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : メルセデス ベンツ
ジャンル : 車・バイク

プロフィール

takeoff

Author:takeoff
私の愛車 メルセデス ベンツ W126 500SEのトラブル対策奮闘記であります。いかんせん1990年式という古いクルマです。オーナーは更に30年近い旧式人間でが・・・  何が起きてもおかしくない! そんな現実のレポートです。

下の≪全ての記事を表示する ≫をクリックして頂ければ、過去の記事の一覧が表示されます。

最近の記事
検索フォーム
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

過去ログ
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード