スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

足廻りの整備

右ロアーアームのブーツ、タイロットエンドのブーツ、ほとんど全滅!!

ブーツ切れまくりの私のSE これじゃ~車検も通らない

と言う訳で行なった大整備です。

 (プロの方からすれば大したことでは無いはず・・・)

P1000074-22.jpg


勿論左側も・・・

P1000077-22.jpg



写真中央のやや「く」の字に曲がっているのが捨てリングギアボックスから伸びるアーム(数字が刻印されているやつ)

そのアームから左に伸びるのがタイロッド

右に伸びているのがセンターロッドです。


ハンドルを切ると、ギアボックスを介してアームが左右に動きます。

その力をタイヤに伝えるのがタイロッドとセンターロッドです。

(これロッドが折れる車ありましたね、ハンドルを切っても曲がらない、ノーコン状態になります)

P1000076-22.jpg


真っ黒な汚い手が触れているものがアイドラーです。

このアームの根元のブッシュもついでに交換です。

アイドラーアームブッシュがヘタると、

右車輪の固定点がぶれるため、ハンドルの遊びが増える様な感覚になります。


写真真ん中の黒い棒が、ステアリングダンパーです。

これはSEを手に入れてすぐ交換してます。

そのときにブーツの切れは気付いていたのですが、しばらくは見て見ぬ振りをしていた私

P1000083-22.jpg


フロントナックルを外すため、ブレ効きゃ利パーを取り外します。

2本ブラーンとしているコードがパッドセンサーです。

P1000080-22.jpg


ナットを緩め

タイロッドエンドにセパレーターを噛まし

P1000081-22.jpg



セパレターを締め込んでゆくと・・・

バッキン~~~~

凄い音とともに外れます。

初めてこの作業をした時、やっちまった~ 壊れた~ と思いました。


何度か経験しても、この音にビビッてしまう私です。

P1000082-22.jpg



これだけの作業ですので、私一人では出来ません!!

頼もしい助っ人を頼んで、ピットを借りて、夜なべ作業です。

P1000085-22.jpg


アッパーアームのブーツも切れていたので要交換です。

アッパーアームのグリスもヘタっていました。

P1000098-22.jpg


ここまでやるならば

ついでにアッパーアームも新品にすればよかったと後悔です。


下の写真で針金が掛かっているのが、フロントのスタビライザーバーです。

本当は、この付け根に見えるスタビライザーブッシュも交換したかったのですが

左側のブッシュ交換には、ブレーキのマスターバックまで取り外さなければならない様なので諦めました。

P1000097-22.jpg



アッパーアームのジョイントに新しいブーツが付いて

徐々に交換が進んでゆきます。

P1000103-22.jpg



ブーツの交換と同時並行で、ショックアブソーバーとバネを交換

この交換なら私一人でも出来る!! (偉そうに言うことではないのだが・・・)

しかし、この交換は後々私を悩ませる事になるとは、この時は思いもしなかった。

P1000104-22.jpg


ブレーキダストも洗浄された、奇麗なナックルにも新たなブーツが装着され組みつけが進められてゆきました。

P1000115-22.jpg



取り外されたブレーキローター

P1000119-22.jpg


「ここまでやらせるなら、ベアリングのリッペアキットも用意しておけば~~~」

と言われ始めて気付いた私・・・

P1000117-22.jpg



ベアリングも奇麗に洗浄され

「意外にベアリングの状態は悪くないね~」とい言われ ホッとする私です。


ベアリングにグリスを詰めている作業です。

手のひらにグリスをのせ、ベアリングの中にまで完全にグリスがいきわたる様にします。

P1000121-22.jpg



そして組み付け

P1000124-22.jpg


見事な手際です

P1000125-22.jpg


ハブの締め付けはこの作業の中でも最も重要となります。

締めすぎると、転がり抵抗が大きくなり過ぎ

締め付けが甘いと、ハブがぐらつく原因となるからです。

P1000126-22.jpg



ビシッと調整されたSEの転がりはスムーズです。

この後タイヤを履かせ、手でタイヤ回した時にはその違い解りました。

P1000127-22.jpg



※ パーツ名、表記が正しくない場合があるかともいますので、お気付きの方はコメント下さい。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : メンテナンス&ケア
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

takeoff

Author:takeoff
私の愛車 メルセデス ベンツ W126 500SEのトラブル対策奮闘記であります。いかんせん1990年式という古いクルマです。オーナーは更に30年近い旧式人間でが・・・  何が起きてもおかしくない! そんな現実のレポートです。

下の≪全ての記事を表示する ≫をクリックして頂ければ、過去の記事の一覧が表示されます。

最近の記事
検索フォーム
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

過去ログ
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。