FC2ブログ

またもブルブル その原因は?

あまり奇麗ではない我500SEのエンジンルームです。

昨年末、またもエンジンのブルブルが再発!!
挙句の果てには、信号待ちの際にエンジンストップ・・・
アイドリングストップするエコカーとなる始末でした。

忙しい時に限ってトラブルは起きるもの?

エンジンはブルブル&ミッションは変速時にショックも大きい!!

大きな不安を抱えながらエンジンルームを開けることを躊躇していた私(忙しい事にかこつけ・・・)

この時点で最も疑わしいのはプラグコードだと思っていた私
同じW126の仲間のM氏にプラグコードを借りる為の電話を入れると
「バキュームホースは大丈夫?」

P1090362-24.jpg


実に見事なアドバイスでした~~~

エンジンの最後部に位置する
エンジンとミッションを繋いでいるバキュームホースが脱落していました!!

P1090367-24.jpg



下の写真の中央部に左側より延びているホースが今回のブルブルの原因です。

このホース一本でミッションの変速時のショックと
エコカー並のアイドリングすップが起きるとは・・・

まずは差し込みなおし、エンジンを廻してみると?
不思議なほどスムーズなアイドリングが・・・

走ってみても変速ショックも無くなり事なきを得ました!


P1090363-24.jpg



昨日改めて今回のトラブルの原因となった
バキュームホースのゴムジョイントを取り出してみると・・・

「なんじぁコリャ~」(松田優作風で想像してください)

P1090368-24.jpg



熱でゴムは硬化してボロボロです。

300SE時代に取っておいたジョイントと比べると

P1090371-24.jpg



内径も大きく違っているのが一目瞭然です!!

P1090372-24.jpg



そう言えば、エンジン後方のホースクリップも熱のせいで割れていたよな~

P1090388-24.jpg



その脇には、ブレーキに繋がっているバキュームもあるし・・・

ワンウェイクラッチも硬化して表面が崩れ始めている!

P1090389-24.jpg


車は、電気とガソリンだけで動いているのではないのだな~ と感心しつつ

エンジンルーム内のジョイントを総点検!!
ヘッドライトの光軸調整のジョイントまで効果していました・・・

この辺りのパーツは然程値段のしないものだろうから総とっ替えするか???

しかし最近、P&N位置でアイドリングが1000rpmになることがあり
アイドルエアーバルブも疑わしい状態・・・

「ど~する? ど~すんのよ?!」(某CMのオダギリ状態です)

私の出した答えは、「続く・・・」でした。



ついでに前述のM氏が快く提供してくれたプラグコードを交換しました。

  実は私の車から取り外したコードからサプレッサーを取り外そうとしたところ
  コード先端の端子が3本もサプレッサーのゴム内に残ると言う悲劇が生じ
  パニクっていたため写真は無しとなります。

ついでの次いでで、プラグを1本抜いてみると???

P1090391-24.jpg



イヤ~~~~~な予感しましたが・・・

P1090392-24.jpg


これってオイル下がりの兆候?????



最近、トラブルが無く更新していませんでしたが

まだまだトラブル起きそうな予感(予感じゃね~だろ と言われそう!!)




この放浪記も 「続く」


       お暇らばココをクリックしてみてください!?











banner10.gif


関連記事
スポンサーサイト



テーマ : メンテナンス&ケア
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

takeoff

Author:takeoff
私の愛車 メルセデス ベンツ W126 500SEのトラブル対策奮闘記であります。いかんせん1990年式という古いクルマです。オーナーは更に30年近い旧式人間でが・・・  何が起きてもおかしくない! そんな現実のレポートです。

下の≪全ての記事を表示する ≫をクリックして頂ければ、過去の記事の一覧が表示されます。

最近の記事
検索フォーム
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

過去ログ
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード