スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フューエルゲージ交換 [第2話]

前回のフューエルゲージ交換で、燃料残量計の針は完全に正常な値を示すように見えたので

テストを兼ねて満タンにして500Kmほどのロングドライブをしてみたのですが・・・



高速道路を走行中、的確に針は燃料の減少を示していた。

ところが・・・

高速道路を降りて、一般道に入ろうとした頃から???




どうにも イヤ~~~な臭いが

ガソリン臭が車内に漂うのです。




初めは気のせいかと?



平坦な道を真っ直ぐ走っているときには気にならない・・・




がしかし、大きなカーブを曲がり終えると ガソリン臭が!



漏れている!!



トランクを開けてみると・・・

臭いはするが、漏れの形跡はナシ。


ワインディングを走ると

タバコに火を付けることをためらうほど・・・



原因は、このパッキンでした。


P1120576-37.jpg



ボックスレンチの買出しなどで余分な時間を使っていた為

ゲージの交換作業を急ぎ

確認作業を忘れていた!!  アタァーーーーーー



またもリアシートの取り外しが必要な事決定!!



安くはないフューエルゲージ パッキンぐらい付いていてもいいのではと思いつつ



リアシートの交換 結構な力作業 そして 本革に傷を付けられないので 神経を使う。

自己責任と諦め、パッキンを入れてからは問題なしで一安心。




さて、問題解決後 トラブルの原因であったフューエルゲージをバラしてみると!!

P1120577-37.jpg



フロートが上下するシャフトが見事なまでに錆びていました。

P1120578-37.jpg



試しに逆さにしてみても フォロートは途中で引っかかってしまう。

(遊園地にある乗り物みたいでしょ~)

P1120580-37.jpg



錆びていたのは、センターのシャフト と下側の蓋 でした。

センサーのワイヤーやアルミの躯体には汚れこそ付着していたものの錆びはナシです。





長期間保管する際は、燃料は満タンにすべき!!



組み付けは、慌てず焦らず、確認作業を!!


この2つが今回得た教訓です。











banner10.gif


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : メンテナンス&ケア
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

takeoff

Author:takeoff
私の愛車 メルセデス ベンツ W126 500SEのトラブル対策奮闘記であります。いかんせん1990年式という古いクルマです。オーナーは更に30年近い旧式人間でが・・・  何が起きてもおかしくない! そんな現実のレポートです。

下の≪全ての記事を表示する ≫をクリックして頂ければ、過去の記事の一覧が表示されます。

最近の記事
検索フォーム
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

過去ログ
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。